カードでお金を借りる色々な方法

一言でカードでお金を借りると言っても、それには様々な方法があります。

まずは、手持ちのクレジットカードを利用する方法です。
クレジットカードはご存知のようにショッピングに利用するカードですが、キャッシング枠が付いていることがあります。

このキャッシング枠とはそのカードの総枠の中の一部で、例えば総枠が30万円の場合、20万円程度の枠が付いているケースが多いです。この枠はショッピングでも使うことができますが、コンビニなどのATMを利用して、現金の借入に利用することができます。

クレジットカードは普段から所持している人も多いと思います。お金が必要になった時には、このキャッシング枠が付いているかどうかを確認してみてください。

そして次にカードと言えば、消費者金融や銀行のカードローンです。
これらはもちろん申込を行わないと手に入れることはできませんが、持っていると限度額の範囲でいつでも各種の提携先のATMを利用して、お金を借りることができます。

カードでお金を借りるというと、現実的にはこの2つの場合が多いと思われますが、クレジットカードのキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を現金化するという手段もあります。
このショッピング枠とは、カードの総枠そのものを表します。この枠が空いていれば、キャッシング枠やその有無に関わらず、利用した金額に応じた現金を手にすることが可能です。

これにはそのような現金化を専門に行っている業者を利用する必要があり、形式的にはそのクレジットカードでショッピングを行い、その商品にもれなく付属しているキャッシュバックという形で現金を手に入れることになります。

この申込は電話1本で行うことができます。つまり、クレジットカードを利用した通信販売という形です。
実際にクレジットカードを利用してショッピングを行うので、もちろん購入した商品が届きますが、これはほとんどの場合がキーホルダー1つのような感じだと思ってください。

キャッシュバックが受けられる金額は、利用した金額の7~8割程度だと考えておいてください。これは利用額や、利用した業者によっても異なります。
このショッピング枠の現金化は厳密には借りたとは言えないかも知れませんが、このような方法もあるということです。

ですが、この現金化では、実際に手に入れた金額以上に後から払うことになる割合は、キャッシング枠を利用した場合や、消費者金融などを利用した場合の金利以上になります。
よって、このショッピング枠の現金化は、どうしても場合の手段だと考えておいた方がいいかも知れません。