クレジットカード現金化の大まかな流れとその主たる注意点

手元の現金が不足している時などは、クレジットカードの現金化が検討される事があります。そもそもカードには、ショッピング枠があるでしょう。それを使って、買取と上手く組み合わせるやり方があるのです。

そもそもカードでショッピングを行う分には、別に何も問題はありません。カードを使って買い物を行っている方々は、非常に多く見かけるでしょう。
それで例えば、金銭価値がある物を購入する訳です。最近ではゲームなども有効ですから、それをショッピング枠で購入する方法はあるでしょう。人によっては、ゲーム機などを購入している事もあります。

しかしゲーム機が手に入っただけでは、もちろん現金を手にする事ができません。そこで、それを売却するという選択肢が浮上する訳です。

つまりカードで買ったゲーム機を、別手段で売却する事になります。換金をすれば、一応は手元にお金が入ってくるでしょう。ですから全体的な流れは、カードを使ったゲーム機の購入と、ゲーム機の売却という2段階になるのです。もちろんゲーム機に限りません。金銭価値が高い物なら、他の物品を購入して、換金するという選択肢もあるのです。

以上がクレジットカード現金化の流れですが、これには注意点もいくつかあります。というのもカード会社の、規約などは確認しておく必要があるからです。

カード会社によっては、やや厳しい規約を設定している事があります。それでまとめ買いなどを行ってしまいますと、規約に抵触してしまう可能性があるのです。それは、後日になって色々な問題が生じる引き金になりかねません。ですから現金化しようと思うなら、まとめ買いなどは避ける方が良いでしょう。まとめて購入するというより、あくまでも現金価値が高い物を1つだけ購入するのが妥当と言えます。

それともう1つ気を付けるべきなのが、最終的な換金額です。購入した金額よりも、著しくかけ離れるという状態は回避するべきでしょう。
それと、購入する物品も注意を要します。いわゆる金券などを購入した時には、カード会社の規約に触れてしまう可能性があるからです。購入する物は、よく選ぶべきでしょう。

例えば購入したゲーム機の値段が、8万円だったとします。それに対して最終的な売却額が4万円では、ちょっと差が大きすぎるでしょう。

一般的に現金化する時には、還元率が70%以上というのが、1つの目安にはなります。このため金銭価値が高い物を、よく選ぶ必要があるのです。また換金率が高いかどうかも、よく確認する方が良いでしょう。

コメントを残す