クレジットカード現金化は業者を使うべき理由

クレジットカード現金化の利用者のもっとも大きなリスクはクレジットカード会社にクレジットカード現金化がバレてしまうことです。

クレジットカード現金化は消費者庁や警察、弁護士などが違法性の高さを言及していますが、実際問題としてはクレジットカード現金化の利用者は法的な責任を問われることはまずないと言っていいでしょう。

もちろん、法改正などが行われた場合にはクレジットカード現金化の利用者も違法となることが考えられますが、逆に言えば法改正がなければ違法性を問われれる可能性は少ないといえるのです。

ではクレジットカード現金化の利用者はクレジットカード現金化のリスクはまったくないのかと言えばそうではありません。

クレジットカード現金化の違法性は問われる可能性は少なくとも、クレジットカード会社からのクレジットカード利用規約違反を問われる可能性は低くありません。いや、クレジットカード会社にクレジットカード現金化の事実がバレてしまった場合にはクレジットカード会社からのペナルティを受けることは間違いありません。もちろん、警察に摘発されるようなことはありませんが、

クレジットカード会社のペナルティはクレジットカード現金化の利用者にとってはかなり手痛いペナルティとなっているのです。

クレジットカード会社によってはどのようなペナルティを課せされるかはバラバラですが、クレジットカードの即時利用停止、クレジットカードの利用金額の一括請求と一括返済、新規のクレジットカードが申し込めないなどが考えられます。クレジットカード会社にバレてしまうのはクレジットカード現金化の大きなリスクと言わざるを得ません。

ではどのようにすれば、クレジットカード現金化がクレジットカード会社にバレないかと言えば、クレジットカード現金化業者を利用したほうがクレジットカード会社にはバレにくくなテチます。

それはクレジットカード現金化業者が決済代行会社を使っていることに理由があります。当たり前のことですが、クレジットカード現金化業者はクレジットカード会社の認定を受けることができません。そのためにクレジットカードの決済代行会社を使っているのです。

決済代行会社がクレジットカード現金化業者とクレジットカード会社との間に入ってしまうと、クレジットカード現金化の決済がクレジットカード現金化かどうかわかりにくくなってしまいます。そのためにクレジットカード現金化業者を利用するほうがクレジットカード会社にバレにくいのでう。

コメントを残す