クレジットカード現金化は業者を使うべき理由

クレジットカード現金化の利用者のもっとも大きなリスクはクレジットカード会社にクレジットカード現金化がバレてしまうことです。

クレジットカード現金化は消費者庁や警察、弁護士などが違法性の高さを言及していますが、実際問題としてはクレジットカード現金化の利用者は法的な責任を問われることはまずないと言っていいでしょう。

もちろん、法改正などが行われた場合にはクレジットカード現金化の利用者も違法となることが考えられますが、逆に言えば法改正がなければ違法性を問われれる可能性は少ないといえるのです。

ではクレジットカード現金化の利用者はクレジットカード現金化のリスクはまったくないのかと言えばそうではありません。

クレジットカード現金化の違法性は問われる可能性は少なくとも、クレジットカード会社からのクレジットカード利用規約違反を問われる可能性は低くありません。いや、クレジットカード会社にクレジットカード現金化の事実がバレてしまった場合にはクレジットカード会社からのペナルティを受けることは間違いありません。もちろん、警察に摘発されるようなことはありませんが、

クレジットカード会社のペナルティはクレジットカード現金化の利用者にとってはかなり手痛いペナルティとなっているのです。

クレジットカード会社によってはどのようなペナルティを課せされるかはバラバラですが、クレジットカードの即時利用停止、クレジットカードの利用金額の一括請求と一括返済、新規のクレジットカードが申し込めないなどが考えられます。クレジットカード会社にバレてしまうのはクレジットカード現金化の大きなリスクと言わざるを得ません。

ではどのようにすれば、クレジットカード現金化がクレジットカード会社にバレないかと言えば、クレジットカード現金化業者を利用したほうがクレジットカード会社にはバレにくくなテチます。

それはクレジットカード現金化業者が決済代行会社を使っていることに理由があります。当たり前のことですが、クレジットカード現金化業者はクレジットカード会社の認定を受けることができません。そのためにクレジットカードの決済代行会社を使っているのです。

決済代行会社がクレジットカード現金化業者とクレジットカード会社との間に入ってしまうと、クレジットカード現金化の決済がクレジットカード現金化かどうかわかりにくくなってしまいます。そのためにクレジットカード現金化業者を利用するほうがクレジットカード会社にバレにくいのでう。

クレジットカード現金化の大まかな流れとその主たる注意点

手元の現金が不足している時などは、クレジットカードの現金化が検討される事があります。そもそもカードには、ショッピング枠があるでしょう。それを使って、買取と上手く組み合わせるやり方があるのです。

そもそもカードでショッピングを行う分には、別に何も問題はありません。カードを使って買い物を行っている方々は、非常に多く見かけるでしょう。
それで例えば、金銭価値がある物を購入する訳です。最近ではゲームなども有効ですから、それをショッピング枠で購入する方法はあるでしょう。人によっては、ゲーム機などを購入している事もあります。

しかしゲーム機が手に入っただけでは、もちろん現金を手にする事ができません。そこで、それを売却するという選択肢が浮上する訳です。

つまりカードで買ったゲーム機を、別手段で売却する事になります。換金をすれば、一応は手元にお金が入ってくるでしょう。ですから全体的な流れは、カードを使ったゲーム機の購入と、ゲーム機の売却という2段階になるのです。もちろんゲーム機に限りません。金銭価値が高い物なら、他の物品を購入して、換金するという選択肢もあるのです。

以上がクレジットカード現金化の流れですが、これには注意点もいくつかあります。というのもカード会社の、規約などは確認しておく必要があるからです。

カード会社によっては、やや厳しい規約を設定している事があります。それでまとめ買いなどを行ってしまいますと、規約に抵触してしまう可能性があるのです。それは、後日になって色々な問題が生じる引き金になりかねません。ですから現金化しようと思うなら、まとめ買いなどは避ける方が良いでしょう。まとめて購入するというより、あくまでも現金価値が高い物を1つだけ購入するのが妥当と言えます。

それともう1つ気を付けるべきなのが、最終的な換金額です。購入した金額よりも、著しくかけ離れるという状態は回避するべきでしょう。
それと、購入する物品も注意を要します。いわゆる金券などを購入した時には、カード会社の規約に触れてしまう可能性があるからです。購入する物は、よく選ぶべきでしょう。

例えば購入したゲーム機の値段が、8万円だったとします。それに対して最終的な売却額が4万円では、ちょっと差が大きすぎるでしょう。

一般的に現金化する時には、還元率が70%以上というのが、1つの目安にはなります。このため金銭価値が高い物を、よく選ぶ必要があるのです。また換金率が高いかどうかも、よく確認する方が良いでしょう。

アマゾンギフト券とクレジットカード現金化

クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を使ってキャッシュを調達する方法です。法的にはグレーを言わざるを得ない面がありますが、最近では出資法や貸金業法を援用してクレジットカード現金化業者が摘発される事例もあります。

しかし、クレジットカード現金化業者は摘発される可能性はありますが、クレジットカード現金化利用者は今の法体系では摘発される可能性はかなり低いと言っていいでしょう。クレジットカード現金化利用者が摘発されるようになるには、法改正か新規の法律が必要になってくると考えられます。

しかし、クレジットカード現金化利用者は摘発されないでもクレジットカード会社からのペナルティを受ける可能性はあります。クレジットカード現金化はクレジットカード会社との利用規約には明らかに違反しているからです。

クレジットカード現金化がクレジットカード会社にバレてしまうと、クレジットカードの利用停止、即時利用金額の一括請求、以後のクレジットカードが作れないというかなり困ったペナルティを課せられることになるので、クレジットカード現金化利用者はクレジットカード会社にバレないようにしなければなりませんでした。クレジットカード現金化利用者は換金性が高く、換金率がよい商品や金券をクレジットカード現金化してきましたが、最近ではそれらの商品や金券の購入にはクレジットカード会社の厳しい目があるのか、かなり難しくなってきました。

そこで、ここ最近になってクレジットカード現金化利用者に注目されているのがアマゾンギフト券です。アマゾンギフト券はインターネットの世界最大級の通販サイトであるアマゾン・ドット・コムで利用できる利便性の高いギフト券として知られています。

アマゾンギフト券は大量に流通していることもあり、アマゾンギフト券の買取専門業者や販売専門業者もインターネット上で多数存在しています。ただし、アマゾンギフト券はギフト券ナンバーを登録して初めて利用できる金券であることから金券ショップやチケットショップなどの実店舗では現金化できないので、どうしてもインターネットのアマゾンギフト券買取専門サイトを利用することになります。アマゾンギフト券はコンビニなどでも購入することができますが、クレジットカードを利用して購入できるのはアマゾン・ドット・コムのサイトでの購入になります。アマゾンギフト券もクレジットカード会社にバレるリスクはありますが、利用しやすいというメリットもあることからクレジットカード現金化に利用されることが多くなってきています。

自己破産とは? それを行うには?

自己破産とは、債務整理の中でも最終的な手段だと言えます。

この自己破産を行うと、全ての債務の返済が免責されます。この他の債務整理は、このように債務自体の免責を求めるものではなく、あくまで減額を求めるものです。その為、必ず減額後に返済を行うべき債務が残りますが、自己破産では一切の債務は残りません。

その為、自己破産は収入がない人でも行うことができます。原則的に弁護士や司法書士に依頼をする必要がありますが、その依頼料金は後から分割で支払うことも可能なので、一切お金がなく、どうしようもなくなってしまった場合でも行うことができます。

自己破産を行うには、裁判所までその申立書を提出しますが、価値にして20万円を超える私財を所持している場合には、まずそれらを全て処分をして返済に充てる必要があります。銀行の預貯金も、20万円を超える分は返済に充てないといけません。自宅や自家用車を所持している場合も同様で、処分する必要があります。

申立書が受理され、その後の裁判官との面談を経て、免責が決定すると、申請を行った一切の債権者に対しての債務の返済義務が免責されます。弁護士に依頼をした場合はこの免責の決定までに裁判所へは弁護士と共に基本的に一度だけ行けば大丈夫ですが、司法書士の場合は何度か足を運ぶ必要があり、裁判官との受け答えも自分1人で行わなければならない為、極力弁護士に依頼をして行った方がいいでしょう。

この免責を受けると、そのことが官報に記載され、名前と住所が公開されてしまいますが、全ての債務の免責を受けられるというメリットから考えると、それくらいのデメリットはあって当然です。
また、その他の債務整理と同様に、これを行うと免責の決定から最低でも5年間は一切の借り入れ行為が行えなくなります。それは、信用情報にそのことが記録される為です。

信用情報には直近の5年分のものが記録されてます。よって、5年を経過すれば、また借り入れが行えようになりますが、自己破産の場合は他の債務整理とは違って、この期間が5年より多少長くなることがあると考えておいてください。

また、この自己破産は一度行うと、免責の決定から以降7年間は再び行えない決まりがあります。ですが、この7年間を経過しても、現実的には二度目はまず行えません。
自己破産は申し立てを行っても、必ず免責が下りる訳ではありません。一度目はよほどのことがない限り、規定に沿って手続きを行えば大丈夫だと言えますが、二度目となると、まず免責は下りません。これは一度だけの手段だと考えてください。

私財の整理の必要や、官報に記載されるといった点こそありますが、一切の債務の免責が受けられるのはこの自己破産だけで、もちろん法的にも認められている手段です。
返済できないほどの債務を抱えている場合、この自己破産によって全ての債務から解放されることで、人生をやり直すきっかけにしてください。

自分に合うオススメの換金方法とは

アマゾンのギフト券を現金化出来るというのを知っている人はたくさんいると思いますが、現金化というのは意外とめんどくさいのです。

しかも、アマゾンのギフト券は有効期限があるので使い切れないという人はたくさんいます。また、金券ショップでは、アマゾンギフト券は買取していないのが、また、大変なところです。ネット上にはアマゾンギフト券の換金業者があるけど、ネットだと面倒くさいし、業者もどういうところかよくわからないから信用できないという人は、他に現金化する方法があるのです。

その方法とは、「ゲームを買う」ということです。どういうことかというと、発売直後のゲームや人気のゲームはアマゾンでの販売価格とゲームショップの買取価格の差が小さいのです。ですから、先にゲームショップの買取価格が高い商品をチェックして、アマゾンで販売価格が安いギフト券で購入すればいいという事です。有効期限が近づいて使いみちのないアマゾンギフト券はこんなふうにして、現金化する方法もあるので、調べておくといいです。

ですが、やっぱり普通に現金化したいという人にオススメギフト券買取業者を紹介します。amateraというサイトで、買取率、入金スピードがトップクラスです。また、多数のメディアから取材を受けて芸能人も事務所に訪れるくらい信頼のある老舗サイトなんです。

入金スピードがい非常に高く、即日対応も可です。さらに、買取率が最大90%と高く、振込み手数料が無料なので、安心です。どこで現金化しようか迷ったらこの業者に頼めば間違いないです。

次は、買取本舗というサイトがオススメです。買取率の高さと親切な対応に定評がある人気のサイトです。特にオススメなのが、キャンペーン時の買取率が最大96%と非常に高い所です。ですので、買取率重視の人は特に要チェックです。また、年中無休で24時間営業しているので、どんなに忙しい人でもいつでも換金できるというのはありがたいです。
このように、他にも換金出来るところはまだまだたくさんあります。もし、換金するのがめんどくさいというひとは、ゲームを買ってという方法もあるので、自分に合うやり方で少しでも得する換金方法を選ぶと良いです。